レポート

「手ぬぐいで作る しめ縄リース」ワークショップ レポート


2018年12月8日、The DECKの1Fイベントスペースを会場に、「手ぬぐいで作る しめ縄リース ワークショップ」が開催されました!

同ワークショップには、The DECK 2Fのオフィススペースに入居いただいてるワンダーラストの松川さんも参加され、その模様をレポートを寄稿くださいました。

冒頭の写真のような素敵なしめ縄リースが簡単に作れるもので、ご参加の親子連れなどからとても好評だったようです。

どうぞご覧ください。


みなさん、はじめまして、ワンダーラストの松川です。ワンダーラストは、クリエイティブなコミュニティに関わるサービスをしています。コミュニティを育てたい・関わりたいという想いをかなえるプラットフォームを作ることに取り組んでいます。The DECKのオフィススペースには2016年から入居していて、The DECKで実施されるイベントにはよく参加しています。

今回のワークショップの主催は大阪の老舗手ぬぐいメーカー、宮本株式会社。参加者の皆さんと一緒に同社の製品である手ぬぐいを使って、お正月のしめ縄を作りました。

先日、名古屋でも開催され好評だったというワークショップには、3回の枠にそれぞれたくさん参加されていました。中でもお子様連れの方が多くいらっしゃっいました。

先生は東京・丸の内にある直営のショップJIKAN STYLE店長の小寺さん。まずは先生がお手本を作りながら工程を説明します。しめ縄のカラーは数種類ある手ぬぐいの中から、各自が好きなものを選びます。わからないことがあればスタッフの方が丁寧にサポートしてくれました。

同社のkenema・時感ブランドの手ぬぐいでは、伝統的な染めの技法「注染(ちゅうせん)」を用いて染められています。糸自体を染めることで表・裏がないという特徴がしめ縄の見た目にも生かされています。

しめ縄をねじる作業は、結構な力が必要でみなさん2人組で力を合わせてしっかりねじりました。
一番楽しいのはやはり飾り付け。お子さんもかなりこだわって時間をかけていました。それぞれの個性も表現できるワークショップの面白いところです。

手ぬぐいを身近に感じていただけるような取り組みの一環で、ワークショップなどのイベントを開催していくそうです。ぜひ一度、手ぬぐいを手にとってみて、楽しい使い方やこだわりの技術に触れてみてください。

宮本株式会社
http://www.miyamoto21.co.jp/

手ぬぐい・雑貨専門店 JIKAN STYLE(ジカンスタイル)
https://www.jikan-style.net/


The DECKはこのようなワークショップなどのイベント会場として利用いただけます。ご利用をお考えの方は、The DECKまでお気軽にお問い合わせください。

https://thedeck.jp/event