レポート

「プチ働き方フェスin関西!」イベント レポート


スタッフのMです。朝晩はかなり涼しくなってきましたね。

さて2019年10月20日(日)にThe DECKイベントスペースで「プチ働き方フェスin関西!」というイベントが開催されました。このイベントは、The DECKが「公式キャンパス」としてご協力してるクラウドソーシングサービス、ランサーズのイベントです。

本イベントのオーガナイザーでランサーズの大阪コミュニティマネージャーを務めるフリーランスライター、花山さくら様によるイベントレポートの転載許可をいただきましたので、ご紹介させていただきます!

The DECKの紹介もしていただきつつ、イベントの詳細がとっても良く分かる内容となっていますので、ぜひご一読ください!!


プチ新しい働き方フェスin関西! 2019/10/20

新しい働き方LAB 大阪キャンパス コミュニティマネージャーの花山です。

先だって2019年9月23日におこなわれた、新しい働き方フェス2019。
新しい働き方を見据えた講義、ファッションショー、セミナー、フリーランスによる出店やフリーランス相談、副業相談などのイベントに約800名が参加、大盛況に終わりました。

当日は、北海道から沖縄、海外ではタイからと国内外にある新しい働き方LABキャンパスのコミュニティマネージャーが集まったのですが。。。

「大阪でもやりません?やろう?やりましょう!」
と、みなさんの協力で実現したのが、今回のプチ新しい働き方フェスin関西でした。

じゃーん!!!

なんと、企画に参加してくれたのは、北海道、静岡、名古屋、大阪、和歌山、徳島、福岡の8名のコミュニティマネージャー!(和歌山のコミュニティマネージャーは別イベントのため当日不参加でしたが、上のサムネイル画像を瞬時に作ってくれました!)

「~したい」と、口に出すと、すぐに行動して実現するのがコミュニティマネージャーの強み!今回のプチ~まで1ヵ月もなかったのに、1週間後には企画が固まっていたんだからすごいよね^^
そして、急な告知にもかかわらず、参加してくださった方々、スペースをお貸ししてくださったThe Deckさん、本当にありがとうございました!

それではお待ちかね、プチ新しい働き方フェスin関西!のお話をしますね^^

会場は、大阪キャンパスのThe DECKさん。
会員利用だけでなく、一時利用にも対応!
ものづくり機材もそろっているマルチなコワーキングスペースです。
そして、なによりオシャレ!!!!

ちなみに……
レーザーカッターではこんなものも作れちゃうんだって!

何かができていくって、ワクワクしますよね^^
(というわけで、別キャンパスのCMに、ものづくりイベントをお願しました♪)

The DECKさんについて、詳しい情報は、こちらからどうぞ^^
URL:https://thedeck.jp/
大阪市中央区南本町2-1-1 1F
Tel:06-6125-5627
(Osaka Metro 堺筋線・中央線「堺筋本町」駅 14番出口直結)

……語りだすと止まらないので、フェスの話に戻りましょう!
当日のタイムテーブルは以下の通りでした。

自己紹介から始まって、ワークショップ、座談会。
ワークショップは、2種類。
ランサーズブートキャンプには4名、ライター講座には5名が参加してくださりました♪

気になるワークショップと座談会の中身をチラ見せ^^
(と言いつつ、長いのでご覚悟を!笑)

■ランサーズブートキャンプ
講師:
名古屋キャンパス リュウジさん(ライター)
徳島キャンパスのDaisuke Kusumotoさん(デザイナー)

普段はオンラインでおこなわれているランサーズブートキャンプがリアルにやってきた!の告知どおり、ランサーズの使いこなし方やプロフィールの作り方をメインにお話。リュウジさんのプロフや、Daisukeさんの経験談を交えて進んでいきます。2人ともトークがうまくわかりやすいので、参加された方もどんどん引き込まれていきます。

内容は……
☆ランサーズにはランク制度が取り入れられている
☆提案一覧にはレギュラーランク以上がデフォルト表示される
☆クライアントに見つけてもらうためにも、最低限レギュラーランクになろう!
☆プロフィールが充実していると直接依頼も増える
☆直接依頼はタスク案件や、公開型のプロジェクト案件よりも報酬が高い!
⇒クライアントの目を引くプロフィールを作ろう!!

これらを踏まえたうえで、クライアント目線を知るワークを実践!
・意見を参加者同士で共有
・自分のキャッチコピーを考える
・短文プロフィールを完成させる
・それぞれ見せ合っていいところを見つける

など、ワークが続いていました。

みなさん、とっても集中してプロフを作っていましたよ^^

プロフィール作りって、思っている以上に難しいんですよね。
みんな、他人のいいところはわかるのに、自分のこととなったら案外わからないのだもの。
人から指摘してもらうことで、自分が気づかなかったアピールポイントも見えてくるし、プロフを作りこむと仕事も入りやすくなるんだよね。
(実際に、先日私がおこなったプロフ講座に参加してくれた方からも、「続々と直接依頼が入るようになりました!」と報告が続いています。嬉しい限りです!)

2時間超えとなったランサーズブートキャンプワークショップは、時間いっぱいで終了!
今回作ったプロフィールをもとに、みなさんに良い仕事のご縁が舞い込んできますように^^
(ちなみに、個人的にはプロフィール用の写真選びも重要だと思っています。明るめで親近感がわく写真を選ぶのがお勧めです。)

オンライン版のランサーズブートキャンプは6週間の連続講座となっています。好評のため回数を重ね、第3回も定員いっぱいとなり、2019年10月29日からスタートします。興味を持たれた方は、第4回の募集開始まで少々お待ちを!
新しい働き方LABのサイトやランサーズのメールマガジンで告知されるのでぜひ、チェックしてくださいね^^♪
詳細はこちらから⇒ https://www.lancers.jp/lab

 

■ライター講座
講師:
札幌キャンパス 藤原卓志さん(ライター 新しい働き方フェス2019の実行委員長!!)
福岡キャンパス 桂浩一さん(ライター)

さて、同時並行で進められていたライター講座は、現役ライターさんからエンジニアさん、これからフリーランスに挑戦する方まで5名が参加。
講師のお2人は、取材もこなすガッツリ系のライターです。藤原さんは国内外問わず旅ライターとしての活動も。桂さんはイベントからメイドカフェまで……ん?メイド?(後で詳しく書きますからね!笑)。とにかく、お2人はカメラを片手に取材すること多数の経験豊富なライターです。
今回は取材のコツや写真選定についてお話していただきました^^

☆印象に残っている取材
☆初めての取材はどうだった?
☆どんなふうに取材案件をとっている?
☆取材案件の進め方
☆取材案件の相場
☆インタービューのコツ
☆写真選定のワークと解説
☆お悩み相談室←?!

印象に残っている取材に、みなさん興味津々!
藤原さんは、タイのトゥクトゥクに8時間乗り続けて撮影する取材が印象に残っているそうで……とにかくお尻が痛かったんだって!大変だ~><

桂さんはメイドカフェ。このお仕事、マニアが依頼したのかと思いきや、海外向けに行政機関が依頼してきたのだとか(後日聞いたところには、福岡初となるナースカフェだそうですwそんなに変わらない気がしないでもないw)。他にも、野球場のビールの売り子さんの密着取材で階段を上り下りして、ひざがガクガクになった!なんて裏話も(プレスルームで有名監督やコーチとお会いされたそうです。取材ライターには普段会えない人と会えるなど、お仕事とは別個のラッキー特典があるそうです!)

ところで、ライター初心者からすると、取材案件は少しハードルが高くなるんですよね。撮影にインタビューに、と、結構緊張します。ある程度、事前に情報を整理しておかないといけないし……。
藤原さんはライターを始めて半年くらいでサッカー関連の取材、桂さんはライターを始めて1年くらいで歯科医へ取材に伺ったそう(しかも、その案件は撮影スキル必須だったため、お仕事が決まってから必死にカメラを勉強されたのだとか)。お2人とも、「ある程度のカメラスキルは必須だよね!」と口をそろえて話されていました。

そして、みんなあまり口に出さないけれど、気になる人が多い報酬面もぶっちゃけトーク!国内のイベントや海外取材の相場は?交通費や滞在費は出るの?などの質問に回答。

さて、取材案件は、事前準備⇒取材⇒記事執筆の流れで行われますが、一番大切な記事執筆についても触れましょう。

取材案件では、対象者からどれだけ情報を引き出せるか、良い写真を撮影できるかも大切ですが、一番大切なのは、得た情報を読者にわかりやすく届けること。読みやすい文章を書くことは当然として、記事内容にマッチし読者の目を引く写真を選ぶのも大事なお仕事です。

というわけで、ワークでは実際にオンライン上に掲載されている記事と複数の写真を用意。先に文章だけの記事を読んで、内容に合う写真を選びましょうというものでした。これがまた、写真が20枚以上?あって、選びきれずみなさん悩む。
写真選定、特にアイキャッチ画像になるような記事に直結する写真選びは、記事の印象を左右するので、しっかり身につけておきたい知識ですね^^

さて、これでライター講座は終わり?!と、思いきや。取材って実はライターの発展形だったりします。なので、ライターを始めたての人にとっては未知だったり、少し難しい内容だったりするのです。

さらには、こんなお悩みだって山ほどあります。
・どんなふうにライターとして成長していったのか
・どんなジャンルが書きやすい?
・つながりはどうやって作った?

つまり、フリーランスは一人完結の仕事が多く、悩みを分かち合える場所がなくてモヤモヤしがち。そんなお悩みをシェアする時間が最後に設けられました。

そっか~ライターをはじめた頃って、いろんな疑問があったよなぁ、と、自分の過去を振り返りつつ。そうだ!そんなライター初心者さんにお勧めの講座が始まるんです^^♪
先ほどご紹介したランサーズブートキャンプ以外にライターブートキャンプも開催決定!6週間にわたるオンラインセミナーで、基礎からライティングが身につきます^^(突然告知w)
詳細はこちらから⇒ https://www.lancers.jp/lab/detail/153

なんてお話をしていたら、あっという間に終了時間!

さて、座談会のお話に移りましょうか^^
ちょっと休憩入れます?!大丈夫?!

■フリーランス座談会
講師は全国のコミュニティマネージャーが集まり進行!

札幌キャンパス 藤原卓志さん(ライター)
静岡キャンパス Yoshiko Yagiさん(ライター)
名古屋キャンパス リュウジさん(ライター)
徳島キャンパス Daisuke Kusumotoさん(デザイナー)
福岡キャンパス 桂浩一さん(ライター)
大阪キャンパス ふっくん(エンジニア)、同 花山さくら(ライター)

座談会では、こんな情報をコミュニティマネージャーがシェアしました。
☆フリーランスになったきっかけは?
☆どこで仕事してる?
☆どんなペースで仕事してる?
☆専業フリーランスは時間管理に悩むけれど、みんなはどんな配分で仕事をしている?
☆ワークライフバランスはどんな感じ?
☆今の自分の働き方に直接つながるきっかけは?

ざっくばらんに、ときには笑いをまじえて話は進みます。
フリーランスは、自己責任で時間管理、タスク管理をしなくてはいけないから、強靭な精神を持っているのかと思いきや。
趣味や自分の生き方を優先しているコミュニティマネージャーも多いんですよね。
例えば、名古屋キャンパス リュウジさんは人狼優先。静岡キャンパス マルチワーカーのYagiさんは平日OL、週末ライター。徳島キャンパス Daisukeさんの1日の過ごし方は……会場を笑いの渦に巻き込んだのだけれど、ここではあえて書かないでおきますw

最後に、参加者さんからの感想を拝聴。
☆ランサーズの使い方を知ることができました!
☆フリーランスに色々な可能性を見つけました
☆ライター×イラストという働き方を始めようと思います^^
(福島には、ライター×イラスト×カメラ×WEBと、進化し続けているスーパーマルチクリエイターなコミュニティマネージャーもいるんですよ^^)
☆ランサーズに登録したばかりで使い方がわからなかったけれど、一歩を踏み出せそうです。
☆フリーランスになる人って変わってる?!←個性的と言いますw
☆どんな体験でも無駄なことはなく、役に立てられる。
☆未経験でもチャレンジしていいんだなと勇気をもらえました。
☆同じフリーランスでも、それぞれに働き方が違うことを実感しました!
☆ランサーズユーザーと会う貴重な機会でした!

社会が作り出す波は個人にも。副業解禁が進む中、いろんな仕事をかけもつ働き方が増えています。この波は、あなたがやりたかったことにチャレンジできる絶好のチャンスかもしれません。
あなたが経験したことはすべて、あなたのこれからの生き方、働き方につながっていきます。
今一度、考えてみませんか?あなたにとっての働き方を。そして、勇気をもって新しい第一歩を踏み出してください。
その中で悩みやシェアしたいことがあれば、新しい働き方LABのコミュニティマネージャーに気軽に相談してくださいね^^
各コミュニティの情報はこちらからどうぞ
⇒ https://www.lancers.jp/lab/campus

このイベントレポートが、あなただけの働き方を見つけるきっかけになってくれれば幸いです。


出典元:
https://note.mu/sakurata__n/n/n629d8441f6a6?fbclid=IwAR031rKBrwFilX7y9OT4cr31e5RYHZVMx6XpKMzazLq3elaVTCO2FIHnOP8

(ぜひnoteの「スキ」ボタンを押してあげてくださいっ!)

The DECKでは、このように様々なイベントを開催できます。コミュニティや企業でのワークショップやイベント会場をお探しの方、どうぞThe DECKまでお問い合わせください!

https://thedeck.jp/event